通販サイトの経営は物流コストを考えよう!


物流コストは通販サイトの経営で重要な要素

通販サイトの経営をするときにはコスト意識を持つことが重要になります。店舗販売をしているときとは異なるコスト体系になるので、思っていた以上にコストがかかって利益を得られずに困ることも稀ではありません。通販サイトの経営では店舗の賃料や水道光熱費などを削減でき、人件費も最小限に抑えられるメリットがあります。しかし、物流コストが大きくなってしまう傾向があるので注意しましょう。物流コストの考慮は通販サイトの経営を成功させるための必須事項です。

送料だけではないので注意しよう

通販サイトの経営における物流コストは送料だと考えがちです。実費で送料を利用者に請求していれば特にコストがかからないから問題ないと思うかもしれません。しかし、物流コストには送料以外の負担もあります。商品はそのままの姿で送ることはできないので、段ボールとクッション材などを使って梱包しなければなりません。ダンボールなどの梱包材のコストに加えて、梱包作業をするための人件費もかかります。出荷手配にもコストがかかるので、単純に送料だけだと考えることはできません。

また、通販サイトの利用者は送料負担についてかなり注意を払っている傾向があります。送料無料なら魅力が大きく、実費よりも送料が安くなっているなら候補として検討するけれど、実費負担になるなら避けるという利用者も少なくありません。物流コストの負担を減らすために送料を実費にしてしまった結果として利用してくれる人が少なくなるリスクもあるので注意しましょう。

通販物流は、インターネットのような仮想空間で売買される商品の取り引きや配送を管理する業務のことを指します。